何とかしたいお腹の脂肪に悩んでいる方を機能性表示食品シボヘールがサポート

お腹の脂肪が気になってきたらシボヘールで脂肪に働きかける

お腹が出てきた、ジーンズが履けない、BMIが気になる、こんな悩みを抱えていませんか。若いころは、ちょっと食べる量を減らしたり運動をすればやせられたのに、30代ころからやせにくくなったと感じる方は少なくありません。
お腹の脂肪を減らすには、適度な運動と適切に管理された食事を摂ることが大切です。しかし、年齢とともに基礎代謝が低下をしてきて、燃やす力が下がってきます。そのため、若いころよりもやせにくくなったと感じるのです。
そんなときにサポートをする機能性表示食品が「シボヘール」です。機能性関与成分の葛の花由来イソフラボンが、お腹の脂肪に働きかけます。葛の花由来イソフラボンは、BMI25~30の方を対象にした研究で、お腹の脂肪を減らす効果が確かめられています。

シボヘールに配合の葛の花由来イソフラボンが脂肪の合成を抑制

機能性関与成分の葛の花由来イソフラボンは、3つのパワーでお腹の脂肪を減らします。1つめは脂肪の合成を抑制することです。
食事から摂取したエネルギーは、体のさまざまな部位で利用されます。しかし、運動不足だったり、食べ過ぎてエネルギーを多く摂取をすると、体内で利用させれずにエネルギーが余ります。現代人は便利な生活を送っていて運動量が減少しているので、エネルギーが消費されにくい環境だといえるでしょう。エネルギーが余ると、その分は肝臓の働きにより、中性脂肪で合成され、体の中にため込まれます。
葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制します。それにより、体内に脂肪がたまりにくくなることが期待できます。動物を使った試験などから、このように考えられています。

シボヘールに配合の葛の花由来イソフラボンが脂肪の分解をサポート

機能性関与成分の葛の花由来イソフラボンの2つめのパワーは、脂肪の分解をサポートすることです。
肝臓の働きにより、中性脂肪に合成された脂肪は、そのままでは燃焼することができず、脂肪酸に分解する必要があります。脂肪酸に分解されていないと、運動を頑張っても大きな変化は期待できません。燃えにくくなってきたかなという方は、体脂肪を脂肪酸に分解する力が低下している可能性があります。
太い薪にいきなり火をつけても燃えにくいですよね。しかし、細い枝にならすぐに火をつけることができます。このように細かい方が燃焼しやすいのです。
葛の花由来イソフラボンは、脂肪酸への分解をサポートします。脂肪酸に分解をすることで燃焼されやすくなります。

シボヘールの配合の葛の花由来イソフラボンが脂肪の燃焼をサポート

体脂肪は脂肪酸に分解されてから、褐色脂肪細胞で燃焼されます。脂肪には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞は脂肪をため込む細胞、褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼します。脂肪といっても働きが違うのです。
ところが、年齢とともに褐色脂肪細胞の数が減少をします。褐色脂肪細胞を大人よりも大量に保有しているのは赤ちゃんなんです。赤ちゃんは自分で服を調節したり、暖房をつけたりすることができません。そこで、褐色脂肪細胞がエネルギーを作って体温調節をしています。
年齢とともに減少する褐色脂肪細胞ですが、葛の花由来イソフラボンは褐色脂肪細胞の働きをサポートします。褐色脂肪細胞が活発に働くことで、脂肪が燃えやすい体に近づくことが期待できます。

シボヘールに配合の葛の花由来イソフラボンでこんな変化が期待できる

シボヘールに配合されている機能性関与成分の葛の花由来イソフラボンは、臨床試験でお腹の脂肪を減らすことが確かめられています。
BMI25~30の肥満傾向の方97人を対象に試験を行いました。この人たちには、葛の花由来イソフラボンまたはプラセボを12週間摂取してもらいます。1日の摂取カロリーや歩数などの条件は合わせます。
その結果、葛の花由来イソフラボンを摂取した人たちは、平均で20平方cmお腹の脂肪が減少、3か月で内臓脂肪が8平方cm減少、皮下脂肪が13平方cm減少したことが確認されました。
スカートを履いたときにお腹周りが違う、スッキリしたといわれたなど、試した方からも変化を実感したと声をもらっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です