シボヘールでなかなか痩せない人はどうすればいいの?対処方法とは?

頑張っているのにやせない、その原因は何なのか?

頑張っているのにやせない、お腹だけぽっこりと出ている、体型が気になっておしゃれを楽しめない、こんな悩みがありませんか。10代や20代のころは、少し食べる量を減らすだけでやせられたのに、30歳を過ぎてからやせにくくなったと感じる方は少なくありません。
やせにくくなるのは、基礎代謝が低下をするからです。基礎代謝とは、心臓を動かしたり呼吸をするなど、生命維持に最低限必要なエネルギーのことです。基礎代謝が高いほどやせやすくなります。しかし、基礎代謝は年齢とともに低下をします。そのため、年齢とともにやせにくくなるのです。
そこで、お腹の脂肪を減らす手助けをしてくれるものが、機能性表示食品「シボヘール」です。BMI25~30の方のお腹の脂肪が減少したことが確かめられています。

シボヘールでお腹の脂肪が減る理由は3つある

シボヘールでお腹の脂肪が減る理由は3つあります。シボヘールには機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」が含まれているのですが、この成分がお腹の脂肪に働きかけます。
お腹の脂肪が減る1つめの理由は、脂肪の合成を抑制することです。食事から摂取したエネルギーが使われないと、使われなかった分が中性脂肪に合成されて、体脂肪として蓄積します。葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制します。
2つめは脂肪の分解を助けることです。体脂肪は脂肪酸に分解されてから体内で利用されます。葛の花由来イソフラボンは、体脂肪を脂肪酸に分解する手助けをします。
3つめは脂肪の燃焼をサポートすることです。脂肪酸は褐色脂肪細胞で燃焼されます。葛の花由来イソフラボンは、褐色脂肪細胞での脂肪燃焼を手助けします。

シボヘールでやせない理由として考えられること

BMI25~30のやや肥満気味の方が葛の花由来イソフラボンを摂取することで、お腹の脂肪が減ることが確認されています。しかし、シボヘールを飲んでみたけれど、お腹の脂肪の変化を実感できない方もいるはずです。
お腹の脂肪が減らない理由として考えられることは3つあります。
1つめは継続期間が短いことです。BMI25~30の方を対象とした臨床試験では、葛の花由来イソフラボンを12週間継続して摂取してもらっています。12週間摂取をすることで、お腹の脂肪が平均20平方cm減少しています。
シボヘールで実感をするためには継続をする必要があります。3か月程度継続をしてみましょう。継続しやすい「らくらく定期便」も用意されています。

シボヘールでやせない人は運動をしていない可能性がある

シボヘールを飲んでもやせない2つめの理由は運動不足です。
シボヘールを飲んでいるからやせるだろうと、安心していませんか。シボヘールに配合されている葛の花由来イソフラボンは、お腹の脂肪を減らす働きが確認されています。しかし、ただ飲んだだけでは変化は実感できません。
臨床試験では、1日の平均歩数を9000歩としています。現代は電車や車など便利な交通手段が発達しているので、ほとんどある数に生活することができます。1日9000歩も歩いていない方も少なくありません。
ダイエットの基本は、バランスがよい食事と運動です。シボヘールを飲むだけでなく、適度な運動をすることがやせるための秘訣です。やせない方は、今よりも少しでもいいので歩数を増やしてみるとよいでしょう。

シボヘールを飲んでもやせない人は食べすぎている可能性がある

シボヘールを飲んでもやせない3つめの理由は食べすぎです。
シボヘールに配合されている葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制する働きがありますが、食べすぎれば中性脂肪が体脂肪として蓄積します。臨床試験では、1日の平均栄養摂取量を2000kcal程度としています。
知らず知らずのうちにたくさん食べていませんか。菓子パン1個しか食べていないから食べすぎではないと思っていても、実は菓子パン1個で500kcal以上にもなる商品もあります。ラーメン、牛丼、肉類、ファストフードなどばかり食べていれば、1日の摂取カロリーが2000kcalを簡単に超えてしまいます。
まずは、1日にどれくらい食べているのか確認をしてみましょう。食べすぎているようなら、適切な量に調節をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です