若いころのダイエットとは違った意識で取り組みたい!わたしのダイエットレシピ

20代は流行りのダイエットそしてリバウンドの繰り返し

現在44歳。20代は食べた分は肉が付く。家系的に上半身にはそれほど肉は付かないのだけれども、すべて下半身に集中して肉が付く。洋ナシ型の下半身太りです。
その当時流行ったいろいろなダイエットを試していました。グレープフルーツダイエット、卵ダイエット、プロテインダイエット、リンゴダイエットなどなど。運動が苦手なので、とにかく食事制限のダイエットを繰り返しました。
若いころはちょっと食べないだけですぐ痩せました。1食抜いただけでも体重はすぐに減りました。ですが、食欲旺盛な20代で食事制限が長く続くはずもなく、痩せてはリバウンドの繰り返し。それでも太り始めたなと思ったときにはダイエットをして体重は落としていたので、太りすぎたということはなかったです。いま考えれば年相応に標準の脂肪があった程度ではありました。

30代で一気に体重が減った!そして食べても太らない!

30代に入って、仕事が忙しくなってきていたのもあったり、プライベートが充実していたこともあったりで割とアクティブな生活を送っていました。
20代後半にTVで流行った「にがりダイエット」が効果てきめんで、やり始めてみるみる体重が落ち、また食べても太らないという夢のような体に変化しました。
ガリガリまではいかないまでもガリくらいの体型になり、健康診断では「低体重すぎる」と書かれていたほど。
食事の前ににがりを数滴いれた水を飲むだけ。3食前に必ず飲み、それを2年くらいは続けていました。その間はもちろん太りませんし、にがりダイエットをやめても体重が戻ることはなく、それどころか食べても太らない、ずっと体重はキープしたままでした。
食べても食べても太らない体質に変化したんだ!と喜んでいたのです。
結局、20代の一番太っていたころからマイナス8Kgでした。

38歳が体質の曲がり角。今まで付かなかったところに肉が

思い返せば38歳でした。忘れません、しっかり38歳です。いわゆる「中年」になっていってる実感。目じりのしわ、ほうれい線、今までとくに気にならなかった肌のたるみが気になり始めたのが38歳の時でした。お肌の曲がり角を感じ始めたちょうど同じころ、体にも変化が。いままで付かなかった上半身にも肉が付き始めたのです。
もともと下半身に肉が付きやすい体型でしたので、もちろんお尻、太ももにも肉は付いてきています。
さっそくダイエット開始です。運動は苦手なので、昔のようにまず食事制限から始めました。が、ぜんぜん体重が減らない!!夕食をまるっと抜いてみてもまったく減らない。間食はもちろんしません。ですがまったく減らない!
何週間が続けるとさすがに何キロかは減りますが、普通に3食食べるとすぐに体重は戻ります。そして肉が付く場所が背中だったり、二の腕だったり、ウエストだったり。いままでどんなに太っても絶対つかなかった箇所に贅肉が付くようになってしまった。もちろん下腹は朝起きたときからもうすでに出ています。
これってあのうわさの中年太りってやつ?!

苦手だった運動でのダイエットをやってみたその結果は

歳をとると基礎代謝が減るからなんですよね。こんなに汗かいてるのに??38歳を境になんだか汗かきにもなっています。汗かいてるのに基礎代謝減ってるの?
食べる量を減らしても一向に体重は減らないので、もう食事制限で痩せるのはこの歳では限界があります。運動をしなければならないと思い、一念発起、家の周りをジョギングすることにしました。本当は毎日走りたいところですが、週末だけ5キロを目標に走り始めました。
体はだんだん締まってきました。ですが、体重は増えることはないけれども劇的に減ることもありません。ジョギングは引っ越しして家の周りに走れるところがなくなったということもあり、1年ほどで終了しました。
体を動かさないとどんどん太っていくので、引っ越した先ではスポーツジムに通い始め、週2日、多くて3日くらいは行ってランニングマシンで1時間ほど走ってましたが、思っていたダイエットの効果はそれほどでもなく、だんだん行かなくなってきたので退会してしまいました。
運動でダイエットはよほどのスポーツ好きではないと長続きしません。スポーツジムはかなりの確率でだんだん無駄な出費になってしまいます。
30代一番痩せてた時から8Kg増えてます。今は、20代の一番太っていた時と同じ体重です。

日々の生活で無理のない範囲で ダイエットより体重調整

あの夢のような食べても太らない低体重の30代はなんだったんだろーと今となっては幻のようですが、そもそも私は食べてるのに太れない体質ではないんですね。ですから、中年真っ盛りの44歳になったいまは食べて動かなければ必ず太る体なわけです。
若いころのように1食抜いただけでたやすく体重が減ることはもうないのですから、食べないことで痩せようとすることは諦めました。
欲を言えばあと2~3Kgは落としたいところですが、その2~3Kgはとてつもなく過酷なダイエットをしないとそう簡単には減らないだろうと思っているので、とりあえず今の体重を増やさないようにだけはしようと思っています。
今やっている体重コントロールは、夕食に炭水化物を食べない、夜のお菓子は食べない、なるべく体を動かす、駅では階段を使う、週末できるときはウォーキング、買い物はちょっと遠くでも歩いてなどなど、日常無理なくできる範囲で気を付けています。その中で、今日はあまりお腹空いてないから夕食ぬかしちゃおうとかできればチャレンジするし、食事会や旅行で食べたいときは食べる!そのあとちょっとセーブする、いつもより体を動かすなどで調整しています。
体に無理がこないように、少しの贅肉は体の大切な組織!と思って楽しく体重調整しています。

「私が行なったダイエットの食事とは」実は夜がとても大事!

30代になって私がダイエットを決意した理由とは何か

私は30代を超えていきなり太ってしまいました。特に太るようなことは何もしていないのでおそらく代謝が落ちたことで太ったのでしょう。履くスカートやパンツがきつくなるのを感じたのでさすがにこのままではヤバイと思ってダイエットをすることにしました。30代で代謝が落ちているということもあり、普通にダイエットしただけでは痩せないと思い2つのダイエット法を取り入れることにしました。その方法は置き換えダイエットと筋トレや有酸素運動をすることです。今まで置き換えダイエットなどしたことがなかったので反動で間食しないか不安だったのですが、どうしてもやせたかったので実践してみる事にしました。では、私のダイエット体験談を紹介したいと思います。

私が考えた自己流のダイエット方法とはどんなものか?

まず、普段は朝食をしっかりと食べるのですが、豆乳だけを飲むという方法を実践しました。ですが、豆乳だけではちょっときついのでほんの少しだけハチミツを入れます。ハチミツを入れすぎると甘くなってしまうので、少しだけです。朝食はこの豆乳だけで置き換えることにしました。そして運動ですが、私は育児と仕事を両立しているのであまり時間がないので毎日しっかりとは出来ません。そこで、スクワット腹筋、うでたてなどの筋トレを行い、時間があるときは外にウォーキングに行きました。また、我家は一戸建てなので庭で縄跳びをして有酸素運動を出来るときにおこなっていました。他にも家で出来るヨガのビデオを買ってきてヨガもはじめました。

ダイエットを初めてきつかった事や苦労した事について

はじめは正直きつかったです。何がきつかったかというと、毎朝きちんと朝食を食べていた私はいきなり朝食が豆乳だけに変わってしまったのでおなかがすいてしまい、お菓子を食べたくなってしまいます。誘惑に負けそうになる気持ちをなんとか抑えて我慢しました。特に最初の2週間はきつかったです。最後にはお菓子自体を買うをやめて誘惑されないようにしました。2週間くらいつづけたところで朝が豆乳だけとうことにやっとなれておなかがすきにくくなりました。それまでは本当にきつかったです。食べる事が大好きな私は何度も誘惑に負けそうになりながら頑張りました。ちなみに昼食と夕食は野菜を多めにして普通に食べるというダイエット法を実施しています。

どのような方法で運動を行なっていたのか、どんな運動を行なったか

そして、運動の方は時間があるときなので毎日は出来ませんでした。特にウォーキングは天気が良くないと出来ないので出来ない日も多く、せっかく晴れたとおもったら時間がなくて出来ないので週に2回出来れば良いところでした。運動は基本的に時間がないので夜行なっていた事が多く、お風呂に入って代謝がよくなったタイミングで行う事が多かったです。そして、ウォーキングの変わりに行なっていたのがヨガです。DVDを見ながら見よう見まねで行ないました。ヨガはストレッチのようにポーズをして身体を伸ばすだけなのですが、長い間行なうと意外としんどく30分も行なうとゼーゼーいっていました。これも意外と慣れるまではしんどかったです。そして、筋トレは少しの時間でも出来るし天候も左右されないので、毎日あいている時間に行ないました。そのおかげかお腹のお肉がだいぶ減りました。

ダイエットを続けたその結果とは、どれくらいのダイエットに成功したか

そして、結果どのようにダイエット効果が出たのかというと、なんと3ヶ月で6キログラムの減量に成功しました。長かったのですが、理想の体重になったのでとても嬉しかったです。他にも嬉しかったのは栄養バランスには気をつけていたし、しっかりとした運動をおこなったので、健康的に痩せる事ができたところです。適度に筋肉がついてメリハリのついた体型になることができました。特にウエストもなくなりかけてたクビレが出来たのでスタイルが良くなりました。友達にも痩せたねとわれるようになったのでしっかりと効果があったのだと思います。また、胸もしっかりと残ったので私的には大成功のダイエットとなりました。おこなっているときは大変でやめようかと思いましたが、続けてよかったと思います。

痩せるための運動メニューを自分なりに考えていろいろ試した

どんどん太ってきて、さすがにやばいと思い始めました。

30歳を過ぎた頃からどんどん太ってきました。20代の時は少々太ったかなと思っても、少し食べる量を調整すれば体重はもとに戻っていました。しかし30歳を過ぎた頃からそれでは体重がもとに戻らなくなり、体つきも変わってきました。最初はそれでもまだ大丈夫だと思いあまり気にしていませんでした。着る服もサイズが極端に変わったわけでもないし、食べる物を変えたり運動をしたりするのは面倒くさいと思っていました。
しかし学生時代の同い年の友人に会った時に、友人が学生時代と全然変わらず細かったのを見て自分はこのままではダメかもしれないと思い始めました。食べる物や量を増やしたわけではないけれど、どんどん太っている現実を受け入れなければと思いました。

とりあえず食べる物を変えて、自分の好きな物を減らしました。

体を動かす事がとても嫌いで、若い頃から特に運動はしていませんでした。できるだけ動きたくないと考えてしまうので、ダイエットのために運動をする事を考えませんでした。最初はとりあえず食事を変えてみようと考えました。
大好きな米や麺類を取りあえず少なくして、野菜を多めに食べる事から始めました。食べる事が大好きな私にはとても苦痛でしたが、運動するよりはましだと思いました。朝のご飯をやめてバナナとヨーグルトに変えました。昼は少しの玄米ご飯とわかめスープ。夜は野菜多めのメニューで米は食べませんでした。毎日同じようなメニューを食べ続けて1週間様子をみてみました。自分なりにかなり頑張ったと思っていたのですが、体重はあまり減りませんでした。

運動する事は避けられないので、少しずつ運動を始めました。

食べる物を変えるだけでは、体重が劇的に減る事はないのだとわかりました。しかも便秘がひどくなり、体重は増えてはいないのですが体が重く感じられるようになってしまいました。
思い切って嫌いでしたが運動をしてみようと考えました。その方が健康のためにもいいし、食べ物を変えるだけでは効果がないので仕方がありませんでした。
まず少しずつ歩く事から始めました。外が涼しい時間を選んで歩き始めましたが、特に目的もなく歩くのはとても苦痛ですぐに嫌になってしまいました。そこで思い切って夜にランニングを始めました。夜なら他の人の目も気にならないし、ランニングに集中できると考えたのです。
夜のランニングは思ったより嫌ではなく、15分ほどのランニングを1か月毎日続けました。

ランニングをする事で思っていなかった変化が出ました。

ランニングを続けたところ、体重は少し減りましたがすごく痩せたという実感はありませんでした。健康的にはなった気がしましたが、それでも体に劇的に良い変化が現れる事はありませんでした。しかも体に悪い方へ変化が現れてしまいました。太ももが驚くほど固く膨らんでしまったのです。最初はその事に気が付かなかったのですが、ある日いつも穿いているジーパンを穿いてみて驚きました。太ももの部分がとてもキツイのです。びっくりして太ももを触ってみると、ふわふわだった太ももがカチカチになっていました。鏡に映して見てみましたが、前より太ももに張りがあり太くなっているように思えました。
ランニングのせいで痩せはしませんでしたが、脂肪が筋肉に変わりたくましくなってしまいました。

ダイエットのために効果のある運動メニューを考察中です。

これ以上たくましくなりたくなくて、ランニングは止めてしまいました。見た目にも美しく痩せるためにはどんな運動メニューがいいのか、改めて考えてみようと思いました。どこか専門のジムに通えばいいのかもしれませんが、高額なお金を支払って効果がでなければとても後悔してしまうので、それは最終手段だと自分に言い聞かせました。
テレビや雑誌やインターネットでお金のかからない良い運動はないかと探しました。やはりジムに通って自分の減らしたい体の部分を集中的に運動させたり、そういう器具を買う方法は見つかりましたが、すごくいいなと思う運動は見つける事ができませんでした。
ダイエットを諦める事はできないので、自分にピッタリ合う効果の出る運動メニューを今探して考えています。

シボヘールでなかなか痩せない人はどうすればいいの?対処方法とは?

頑張っているのにやせない、その原因は何なのか?

頑張っているのにやせない、お腹だけぽっこりと出ている、体型が気になっておしゃれを楽しめない、こんな悩みがありませんか。10代や20代のころは、少し食べる量を減らすだけでやせられたのに、30歳を過ぎてからやせにくくなったと感じる方は少なくありません。
やせにくくなるのは、基礎代謝が低下をするからです。基礎代謝とは、心臓を動かしたり呼吸をするなど、生命維持に最低限必要なエネルギーのことです。基礎代謝が高いほどやせやすくなります。しかし、基礎代謝は年齢とともに低下をします。そのため、年齢とともにやせにくくなるのです。
そこで、お腹の脂肪を減らす手助けをしてくれるものが、機能性表示食品「シボヘール」です。BMI25~30の方のお腹の脂肪が減少したことが確かめられています。

シボヘールでお腹の脂肪が減る理由は3つある

シボヘールでお腹の脂肪が減る理由は3つあります。シボヘールには機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」が含まれているのですが、この成分がお腹の脂肪に働きかけます。
お腹の脂肪が減る1つめの理由は、脂肪の合成を抑制することです。食事から摂取したエネルギーが使われないと、使われなかった分が中性脂肪に合成されて、体脂肪として蓄積します。葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制します。
2つめは脂肪の分解を助けることです。体脂肪は脂肪酸に分解されてから体内で利用されます。葛の花由来イソフラボンは、体脂肪を脂肪酸に分解する手助けをします。
3つめは脂肪の燃焼をサポートすることです。脂肪酸は褐色脂肪細胞で燃焼されます。葛の花由来イソフラボンは、褐色脂肪細胞での脂肪燃焼を手助けします。

シボヘールでやせない理由として考えられること

BMI25~30のやや肥満気味の方が葛の花由来イソフラボンを摂取することで、お腹の脂肪が減ることが確認されています。しかし、シボヘールを飲んでみたけれど、お腹の脂肪の変化を実感できない方もいるはずです。
お腹の脂肪が減らない理由として考えられることは3つあります。
1つめは継続期間が短いことです。BMI25~30の方を対象とした臨床試験では、葛の花由来イソフラボンを12週間継続して摂取してもらっています。12週間摂取をすることで、お腹の脂肪が平均20平方cm減少しています。
シボヘールで実感をするためには継続をする必要があります。3か月程度継続をしてみましょう。継続しやすい「らくらく定期便」も用意されています。

シボヘールでやせない人は運動をしていない可能性がある

シボヘールを飲んでもやせない2つめの理由は運動不足です。
シボヘールを飲んでいるからやせるだろうと、安心していませんか。シボヘールに配合されている葛の花由来イソフラボンは、お腹の脂肪を減らす働きが確認されています。しかし、ただ飲んだだけでは変化は実感できません。
臨床試験では、1日の平均歩数を9000歩としています。現代は電車や車など便利な交通手段が発達しているので、ほとんどある数に生活することができます。1日9000歩も歩いていない方も少なくありません。
ダイエットの基本は、バランスがよい食事と運動です。シボヘールを飲むだけでなく、適度な運動をすることがやせるための秘訣です。やせない方は、今よりも少しでもいいので歩数を増やしてみるとよいでしょう。

シボヘールを飲んでもやせない人は食べすぎている可能性がある

シボヘールを飲んでもやせない3つめの理由は食べすぎです。
シボヘールに配合されている葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制する働きがありますが、食べすぎれば中性脂肪が体脂肪として蓄積します。臨床試験では、1日の平均栄養摂取量を2000kcal程度としています。
知らず知らずのうちにたくさん食べていませんか。菓子パン1個しか食べていないから食べすぎではないと思っていても、実は菓子パン1個で500kcal以上にもなる商品もあります。ラーメン、牛丼、肉類、ファストフードなどばかり食べていれば、1日の摂取カロリーが2000kcalを簡単に超えてしまいます。
まずは、1日にどれくらい食べているのか確認をしてみましょう。食べすぎているようなら、適切な量に調節をしてください。

「シボヘールと運動」脂肪燃焼を推進して穏やかにそして確実にダイエット

■脂肪燃焼を推進してダイエットすることの出来るシボヘール

今、注目を集めているダイエットサプリメントがシボヘールです。お腹の脂肪を減らすには適度な運動+バランス良い食事が、大切なことはよく知られています。というのは、年齢と共に「脂肪を分解する力」や「燃焼する力」は衰えて来ます。それを、補って脂肪燃焼を推進するのがシボヘールなんです。お腹の脂肪が気になりだした人、 肥満気味の人、 BMIが25〜30と高めの人には非常に力強い味方が出現したと言えるでしょう。BMI25〜30の肥満気味な方を対象とした研究レビューで「お腹の脂肪を減らす効果」が報告されています。お腹の脂肪が平均20㎠減少するというデ-タが公開されています。主たる理由は、シボヘールの機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」が、脂肪合成の抑制をサポートし、分解をサポ-トし、燃焼をサポ-トするのです。その結果として、体重(BMI)が減り、ウエストが減ります。

■脂肪燃焼を推進してダイエットすることの出来るシボヘールの全成分

ダイエットに効果が期待できるシボヘールは、人の体内に入って脂肪の燃焼に影響のある各種の成分で出来ています。まず葛の花抽出物があげられます。シボヘールは機能性関与成分で、マメ科の植物「葛の花」のエキスが入っています。そして、還元パラチノースでしょう。甘みがあり、世の中の多くのサプリメントでも使用されている成分で安全性が高いです。そして、植物繊維であるセルロ-スが入っています。便秘解消に効果があります。そして、サプリを形成する際に必要なショ糖脂肪酸エステルが添加物として含まれています。これらの成分の中では、葛の花由来イソフラボンが、これらの中で最も脂肪減らすのに非常に有効な働きをすると言えるでしょう。

■脂肪燃焼を推進してダイエットするシボヘールの効果的な飲み方

シボヘールの効果的な飲み方としてはも効能書きにあるように1日1回4粒を一度に飲むのがオススメです。そして、飲むのは毎朝起きた時か寝る前に飲むように習慣づけると良いでしょう。継続して飲むことが重要ですので、習慣かして欠かさず飲むようにしましょう。それだけで、2ケ月続ければ効果は確実に体感できます。ただ効果を急ぐ人の場合、シボヘールを飲んで体重を落としたい!お腹周りのお肉を落としたいという方は「シボヘール×運動」が大変有効です。試してみてください。消費カロリーを増やすには有酸素運動が効果的です。ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、ヨガがお勧めです。水泳が一番お勧めですが、全ての人が日常的に出来るわけではないので、とりあえず歩くことでしょう。基本は、1日20分以上できることが理想です。

 

■脂肪燃焼を推進してダイエットするシボヘールを最安値で買う方法

脂肪燃焼を推進してダイエット効果が期待できるシボヘ-ルですが、どこで購入するのがシボヘールを一番安く買えるのでしょう。同じ入手するならば安いに越したことは有りません。多くのサプリメントの場合巷の楽天等の通販の会社で扱っていますが、このシボヘールは、扱っておらず公式サイトのみ扱っていることがわかりました。Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでシボヘールで検索してもヒットしませんでした。たまに、オ-クションサイトで見かけることがありますが、価格は少し安いくらいですが、品質的にはリスキ-ではあるので、手を出さない方が良いでしょう。それより、公式サイトでは、楽ちんなトクトク定期コース・初回特別価格「980円」ですので、かなり割安と言えるでしょう。2か月目以降のご継続も、1日当たり93円と大変お得です。

 

■脂肪燃焼を推進してダイエットするシボヘールのお勧めポイント

私は、ダイエットのためのサプリメントを選ぶときに、『シボヘール』に最終的に決定するために、同種の他社製品を調べてみました。そうした比較検討の結果として、シボヘ-ルが一番コスパがよいという結論を得たので摂取してみようということにしたのです。比較項目として、1日の摂取「目安量」、1日摂取目安量あたりの葛の花イソフラボン「含有量」、商品1個の「税込価格」、商品1個の「内容量」、1日あたりのコスト=「コスパ」という見方をしてみました。どのサプリメントにも、ちゃんと葛の花イソフラボンは同等の量が含まれています。同様の効果が期待できるのならば、安い方が長続きするのは当然のことなので、シボヘールを選びました。コスパが高価格品の1/3程度なので長期間摂取し続けることが可能なのです。